ガス検針

NCU Space Hotaru smart meter - utilities and energy monitoring

産業、商業施設やオフィス、家庭、自動車などが消費するによるエネルギーの需要は日々増加しています。それとともに、これらのエネルギー源の効率的な生成、流通、消費に関する懸念もあります。
IoT(モノのインターネット)活用することで、生活の基礎となるガス設備の状態をリアルタイムに確認することができ、異常の検知、誤動作の防止、保守効率や資産の寿命などの課題の改善にもつながります。また、データ取得と保守にかかるコストの削減や新しい収入源を見つけることもできるでしょう。

実際の事例

nicigas logo

ニチガスとの取り組みのガスメータ

ニチガスは日本の大手ガス販売会社です。同社はUnaBizおよびSoracomと提携し、データ収集の精度の向上や、メーターガス栓のリモート制御のために、特注のネットワーク制御装置を開発しました。既に80万台以上のガスメーターに0Gネットワークを搭載しており、リアルタイムに信頼性の高いデータを受け取り、安全性に問題がないか監視し、何かあった際は素早く対応を行うことができます。

この解決策は低コストであり、設置も容易です。製品の設計や製造能力に関する詳細については、当社にお問い合わせください

「当社では現在、3Gと4Gのネットワークで同様のサービスを提供しています。ですが、機能を最小限に絞った場合、実際に送信されるデータの量はわずかな量になります。このロジックによりSigfox(シグフォックス)は電力とデータ量を低く抑えることができサービスの低料金化に繋げたのです。」

松田祐毅氏(ニチガス エネルギー事業本部 情報通信技術部 執行役員)

0Gソリューションのメリット

長寿命、メンテナンスが少なくて済む。

低コスト、ワイヤレス、簡単導入。

監査のための自動データログ。

最新情報をリアルタイムで取得します。

パラメータに違反があった場合アラート受信。

データは簡単に取得できるようにクラウドに保存。

英語、中国語、スペイン語、日本語、フランス語を話せるスタッフがおります。