UnaConnect

unaconnect logo

高速。安全。適応性。

IoTデバイス管理のためのミドルウェア データプラットフォーム

大量のIoT機器をコスト効率良く管理する簡単な方法

リモートでのオンボード、大規模で多様なセンサーのアップデートが可能になり、さまざまなネットワーク間でのデータ収集および処理ができるようになります。デバイスの統合を簡素化し、信頼性が高く安全で、費用対効果の高い方法で、集約されたデータを複数のエンドプラットフォームに送ることができます。

100万以上

1日に通信を行っている機器の数

最大1/10

既存の他のソリューションとの価格差

UnaConnectの仕組み

メッセージはすべて、UnaConnectサーバーレス・クラウドソリューションで受信、デコード、および格納されます。これにより、データが必要なサービスにプッシュされる前に複雑な操作を実行できます。デコードされたメッセージは、IoTダッシュボードまたはシステムにJSONや他の標準形式で送信できます。全体の接続機器の状況は、UnaConnectのサイト、モバイルアプリケーション、およびAPIを使用して監視および更新できます。

主な利点

市場への参入を加速


UnaConnectは、デバイス管理を簡素化し、さまざまなユースケースに対応が可能なことから市場参入を加速するアドオン機能を提供します。

技術に非依存


UnaConnectは、ネットワークプロトコルに関係なく、さまざまなデバイスタイプをシームレスに統合し、それぞれのエンドプラットフォームに適切なデータ形式で提供することができます。

高い安全性と信頼性


UnaConnectは、ユーザー、デバイス、データコネクタ、およびデータポリシーに関するデータの整合性を保証します。 プロセス全体はISO/IEC 27001:2013認証を受けています。

フレキシブル & 拡張性


UnaConnectを使用すると、無制限の数のデバイスを簡単に管理し、詳細レベルまたはグループレベルでデバイスを構成できます。

高速: 異なるデバイスの大規模なフリートマネジメントは、すぐに使える機能で簡単に行うことができます。

UnaConnectは機器ごとに複数のデータ量をサポートします。つまり、あるタイプのデータをメインのダッシュボードにルーティングしながら、別のタイプのデータを別のプラットフォームにルーティングできます。

各機器のファームウェアバージョンの管理は面倒になりがちですが、UnaConnectでは、データの形式を検出し、その検出結果に応じてデータをデコードすることで、この負担を解決します。このプロセスは内部処理で行われるため、ユーザーによって何かを変更する必要ありません。

UnaConnectを使用すると、アクセス許可が割り当てられたユーザーは、フォームに入力するだけで、1つまたは複数の機器にダウンリンクを提供する構成ペイロードを簡単に作成できます。ジャストインタイム機能により、クラウドゲートウェイは適切なペイロードを自動的にフォーマットし、機器がダウンリンクを要求するとすぐにフォーマットされたペイロードが配信されます。

デバイス管理

デバイス、グループ、およびコネクタをモニタリングおよび設定します。

デバイスメッセージ履歴

最大3ヶ月間のデバイスメッセージを格納(バックアップとして)

UnaSecure

デバイス間通信の完全暗号化を保証する独自の暗号化プロトコル

UnaConnect FOTA

シンプル、効率的で安全な無線ファームウェア

IoTデバイスデータ

デバイスのタイプとファームウェアのバージョンに基づいてメッセージをデコード

デバイスネットワークテレメトリ

ネットワークテレメトリに関する情報と可視性

コネクタの再試行ポリシー

メンテナンスまたはサーバーの停止によるデータ損失を避けましょう。

UnaConnect ロケート

コストの予測可能な信頼性の高いマルチソースWiFiジオロケーションデータ

APIアクセス RESTful / GraphQL

Open APIを使用して、エンタープライズシステムをIoT対応のインフラストラクチャに変換

デバイス構成

単一のデバイスもしくはデバイスのグループを構成

デバイスステータス管理

デバイスのステータスをモニタリングおよび管理

動的アラート

デバイスとコネクタの両方の通知およびモニタリング機能

unaconnect cloud platform mobile APP

技術に非依存: どんなデバイス、ネットワークにも対応したソリューション

UnaConnectの使用によって、複数のさまざまなデバイス群をクライアントのエンドプラットフォームに統合することができます。

すべてのケースに対応する1種類の接続オプションはありません。そのためUnaBizはネットワークに依存しないアプローチをとっています。Sigfox、LoRa、LTE-M、Bluetooth、Wifi、3G、4G、NB IoT、さらには衛星ネットワークなど、お客様固有の要件に対応する最適なテクノロジーを見極めます。

クライアント様が保有する既存のシステムへのIoT統合においてもプラットフォームにとらわれることはありません。 現在、次のコネクタをサポートしています:Splunk、MQTT、https、UDP、AWS IoT、Zapier。

安全: 接続機器向けの堅牢で信頼性の高いソリューション

UnaConnectは常に稼働しており、メッセージをリアルタイムで受信して格納します。その後、データはデコードされ、「コネクタ」を使用してエンタープライズシステムにプッシュされます。インフラストラクチャに問題が発生した場合は、数秒以内にメールなどでシステム管理者に通知されます。

インフラストラクチャの応答がない場合にも、数秒以内にメールなどでシステム管理者に警告が送られます。UnaConnectは、カスタマイズできる「再試行ポリシー」を使用して、システムがダウンした場合でも情報が失われないようにします。システムが再起動すると、スプールされたメッセージがすぐに配信され、手動操作をほとんどまたは全く行うことなくサービスを継続して提供することができます。

ロールベースのアクセス制御アプローチに基づいて構築されており(RBAC)、各ユーザーには、機器のグループごとに特定のアクセス許可があるロールが割り当てられます。トリガーとなるイベントが起こると、ユーザー全員に通知されます。

ユーザーは担当する機器を監視し、信号スコアや、使用できるテレメトリデータを使用した信号品質の指標(メッセージを受信した基地局の数や平均RSSIなど)など役立つ情報にフルアクセスすることもできます。

UnaBizはSG:D認定を受けていますIMDAによる、シンガポールの政府機関や大企業にイノベーションプロジェクトを提供する能力を審査するための精力的な財務、商業、技術評価をクリアしています。

UnaConnectは、情報セキュリティ管理システムのISO / IEC 27001:2013認証を取得しています

適応性: すぐに拡張できるソリューション

UnaConnectはサーバーレスのソリューションです。クラウドが持つパワーとスケーラビリティにより、UnaConnectは無限に成長し、組織内にある実質的に無制限の機器に対応できます。

UnaConnectは瞬時に拡張が可能なため、同時に数百万ものメッセージにも対応可能です。

UnaConnectを導入している業種と国

soracom logo

IoT向けセルラー接続サービス提供会社

日本

スマートメーターメーカー

台湾

ビール樽レンタル会社

オーストラリア

IoTシステムインテグレーター

メキシコ

  • 「モバイル版は常時モニタリングができるの非常に便利です。機器の設置は容易で送られてくる情報の確認も非常に簡単です。」 カルロス・カリカ(Carlos Calieca)氏、NXTIoTシニアプロジェクトマネージャー、メキシコ

  • 「ビーコンからシグナルが送られてきた理由、場所や気温のデータを確認したり、ファームウェアを外出先でも変更できるという機能は、機器が正常に作動しているか確認するのに大いに役立ち、試験期間を数ヶ月短縮することにつながりました。」 マルク・エッギンス(Marc Eggins)氏, Konvoy運用部長、オーストラリア