地上サービス機器の監視

airplane on the tarmac - ground service equipment monitoring

民間の航空業は世界で最もアセット集約型の業界ですがデータの複雑さと機密性が原因で、保守・修理・分解点検修理(MRO)における自動化が難しい業界でした。
MRO企業にとって機体や設備の状況を効率よく管理することで運用コストを大幅に削減することが課題でした。そのため、MROのデジタル化の重要な要件として上がったのが、航空機の運用と保守をサポートする地上サービス機器の使用状況を追跡することでした。

実際の事例

Airbus logo

Henchman X Airbus X UnaBiz

エアバス(Airbus)は空港周辺に10,000を超える資産を有しており、その状況下で全体コストを増加させずに、保有するアセットの使用状況、信頼性、効率性を常時監視することは極めて困難なことです。

この課題を克服するためコストを抑えたIoTネットワークを構築し、そこに特殊な機器をつなぐ手法を導入しました。この機器には複数の機能があり、低価格のモーションセンサーでアセットの占有状況を検出、エネルギー効率に優れた追跡機能で備品の移動や使用パターンを把握することができます。このシステムの導入により、MROオペレーションの効率や稼働率が向上し、素早く機体をサービスに戻すことが可能となりました。

0Gソリューションのメリット

バッテリー寿命が長く、保守に必要な作業はほぼゼロです。

低コストで容易に導入することができ運用も簡素化。ケーブルや複雑な設置は不要になります。

監査要件を満たすログ情報を自動で提供します。

最新情報をリアルタイムで取得します。

予め定義したパラメータに反する場合は警告や通知を送信します。

データはクラウドに保管されるので安全にそして簡単にアクセスすることができます。

英語、中国語、スペイン語、日本語、フランス語を話せるスタッフがおります。

関連製品