スマート廃棄物管理

安全で清潔な環境を作り出すには、ゴミの管理が不可欠です。廃棄物管理は、世界的に多くの課題に直面しています。特に、ゴミ箱のオーバーフローへの対処や不必要、非効率的な清掃を避けるため、廃棄物収集を最適化することが重要です。これらの問題はIoTによって簡単に解決することができます。IoTによって全体的な運用プロセスを改善し、すべての人にクリーンな都市を提供できるのです。UnaBizでスマート廃棄物管理を成功させる旅路を始めましょう。

実際の事例

800SuperとiZeemによるスマート廃棄物管理

シンガポールの国立環境庁(NEA)は、革新的な概念と技術を使用し、公共廃棄物収集業者(PWC)の公共入札で再利用・リサイクル可能物の収集を行うことで、生産性と持続可能性の改善を奨励しています。

Ang Mo Kio-Toa Payohセクターにてリサイクル品の収集を改善するための試験の一環として、国内および貿易施設に再利用・リサイクル品収集サービスを提供する800 Superは、2021年11月からHDB(住宅開発庁)のごみ箱にUnaBizの低電力スマートビンセンサーを設置します。

この導入によってゴミ箱の容量をリアルタイムでモニタリングできるようになり、収集対応が向上し、ゴミのオーバーフローの発生が削減されます。

660Lおよび2,220Lの青いごみ箱内へのセンサーの設置
アンモーキオの地図 – トアパヨー地区

Ang Mo Kio-Toa Payohセクターは、ビシャン、アンモーキオ、セラングーン、トアパヨーの地域を指します。 約147,400の施設、142,000の世帯と5,400の貿易施設があり、屋台、商店、礼拝所や政府の建物が含まれています。

ごみ箱がいっぱいに近づいたとき、傾斜センサーでごみ箱が直立していないとき、熱センサーで炎のリスクがあるときに清掃者に通知する3つのセンサーが1つにまとまり、通常のごみ箱を後付けで改造することができます。

他に何も必要なくシンプルに接続するだけの最長5年間持続するセンサーで、衛生状態を維持、アセットを保護、接続のないごみ箱をアップグレードしてください!

既存のアセットやインフラストラクチャに簡単に後付けできるよう設計された低コスト、低電力のセンサーの詳細について今すぐお問い合わせください

HDB地区用横積みリサイクルトラック

既存の資産をアップグレードすることは、製品の寿命を延ばし、循環経済を促進するグリーンな取り組みです。

ーションのメリット

バッテリー寿命が長く、保守に必要な作業はほぼゼロです。

低コストで容易に導入することができ運用も簡素化。ケーブルや複雑な設置は不要になります。

監査要件を満たすログ情報を自動で提供します。

最新情報をリアルタイムで取得します。

予め定義したパラメータに反する場合は警告や通知を送信します。

データはクラウドに保管されるので安全にそして簡単にアクセスすることができます。

英語、中国語、スペイン語、日本語、フランス語を話せるスタッフがおります。

関連製品