スマートトイレ管理

トイレの衛生状態、下水設備、廃棄物処理が不十分な場合、細菌が増殖して公衆衛生に影響を与えるため、トイレの管理は特に重要になります。そのため、スマートトイレと廃棄物管理は施設管理の大きな部分を占めています。センサーなどのシンプルなIoTソリューションを導入することで、施設管理者はテナントの運用プロセスやトイレ利用の体験を改善させることができます。

実際の事例

certis logo
exceltec logo
uems logo

UEMS, Certis Cisco & Exceltec

UnaBIzはCertis Cisco、Excetlec、UEMSなどのシンガポールにある施設管理を専門とする会社と協力し、種類豊富でシンプルなセンサーを導入することでスマート・トイレの導入を行ってきました。このソリューションには、アンモニアセンサー、人数カウント、動体検知、ゴミ箱センサーが含まれています。トイレの使用状況を監視できるので、空き状況や備品の在庫状況を把握した上で人員の配置などを行うことができます。

グレートワールドシティ、ハートビートベドク、鉄道駅、KK病院、チャンギ総合病院(いずれもシンガポール)などにあるスマートトイレ管理をご覧ください。

0Gソリューションのメリット

バッテリー寿命が長く、保守に必要な作業はほぼゼロです。

低コストで容易に導入することができ運用も簡素化。ケーブルや複雑な設置は不要になります。

監査要件を満たすログ情報を自動で提供します。

最新情報をリアルタイムで取得します。

予め定義したパラメータに反する場合は警告や通知を送信します。

データはクラウドに保管されるので安全にそして簡単にアクセスすることができます。

英語、中国語、スペイン語、日本語、フランス語を話せるスタッフがおります。

関連製品