スマートエアポート

passengers walking in hallway - smart airport

空港を利用する乗客数とその人々の運航回数は毎年増加し続けており、2034年までに予想乗客数は73億人になる見込みです。空港では顧客満足度、業務効率、およびセキュリティが運営において重要な要素ですが、乗客数の増加によって新たな課題が発生しています。IoTの技術を活用すれば、それら問題の解決、プロセスの円滑化、そして全体的な効率の向上につながります。新たな収入源の開拓にもご活用いただくことができます。

実際の事例

changi airport singapore logo

シンガポールチャンギ空港 X UnaBiz

シンガポールチャンギ空港がUnaBizと提携し、さまざまなセンサーとトラッカーを設置したことにより世界で最高クラスの空港になっています。同空港が導入したのは、温度・湿度センサー、屋内外のアセットトラッカー、施設にダメージを与える可能性のあるネズミなどの動物監視システム、トイレセンサー、および雑踏警備用の人数カウンターをはじめとする低電力ソリューションです。このソリューションは、4つのすべてのターミナルとジュエル(137,000m² 10階建ての複合施設)に導入されています。

0Gソリューションのメリット

battery icon

バッテリー寿命が長く、保守に必要な作業はほぼゼロです。

reduce cost icon

低コストで容易に導入することができ運用も簡素化。ケーブルや複雑な設置は不要になります。.

server icon

監査要件を満たすログ情報を自動で提供します。

save time icon

最新情報をリアルタイムで取得します。

notification icon

予め定義したパラメータに反する場合は警告や通知を送信します。

cloud icon

データはクラウドに保管されるので安全にそして簡単にアクセスすることができます。

英語、中国語、スペイン語、日本語、フランス語を話せるスタッフがおります。

関連製品