スマート緊急対応

Medical staff in a hospital corridor - temperature monitoring

新型コロナ感染症の流行後、一時的な医療および検疫施設が世界各国に作られました。政府が患者の収容や人のモニタリングのために未使用のアセットの活用をすることにおいて、プラグアンドプレイ(接続するだけで使用が可能な)ワイヤレスIoTデバイスがそれらの施設での重要なソリューションになります。 ワイヤレススマートボタンを既存の建物に後付けし、人をモニタリングすることによって、医療従事者をサポートする方法を詳しく知ってください。

実際の事例

Surbana JurongのF1ピットビルの緊急応答ボタン

シンガポール政府は、新型コロナ感染症の患者を収容するための病床数を増やすことを目指し、一時的なCovid-19コミュニティケア施設(CCF)および治療施設として使用できる場所を探しました。 F1ピットビルは、設備が整っており、コロナの影響でF1レース活動には使用されなかったため、一時的な医療施設として適しており、 2020年、同施設は一時的なPCR検査場として使用されました。

UnaBizはSurbana Jurongと提携し、F1ピットビルに緊急およびナースコールボタンを設置することで、感染症患者の対応に備えました。 同F1複合施設には600以上のベッドを収容しています。患者やスタッフが気分が悪い際に、患者のベッド近くの仕切り壁と既存のトイレに取り付けられたこのナースコールボタンを押すと、Telegramアプリのシンプルなダッシュボードを介して勤務中の医療スタッフに通知することができます。

これらのCCFと治療施設に収容されている患者の安全確保のために、これまでに500を超えるUnaBellがシンガポール中のコロナ感染症に関わる施設に導入されています。

なぜUnaBellなのか

施設使用開始から6か月、長くて12か月にわたって継続して患者を収容するため、有線のソリューションという選択肢はありません。ケーブル接続の導入だけで2週間かかるためです。 すぐに導入するには、シンプルなプラグアンドプレイソリューションが必要でした。 それが、UnaBellが力を発揮できる場所です。

  • ワイヤレス:建物にケーブルを追加設置しなくても、簡単に導入できます。
  • 低消費電力:低保守。 2つの単四電池を搭載し、長持ちします(5,000回以上のボタン押しに対応する寿命)。
  • 他の3G / 4Gソリューションと比較して低コストであるため、拡張性が高くなります。

UnaBellは、CCFに収容されているコロナ患者とCCFに居住する外国人労働者を効率的に支援することができる、実現可能なソリューションです。 同ソリューションは現在、手指消毒剤が空になったときに補充を伝えるボタンとしてショッピングモールにも展開されています。

0Gソリューションのメリット

バッテリー寿命が長く、保守に必要な作業はほぼゼロです。

低コストで容易に導入することができ運用も簡素化。ケーブルや複雑な設置は不要になります。

監査要件を満たすログ情報を自動で提供します。

最新情報をリアルタイムで取得します。

予め定義したパラメータに反する場合は警告や通知を送信します。

データはクラウドに保管されるので安全にそして簡単にアクセスすることができます。

英語、中国語、スペイン語、日本語、フランス語を話せるスタッフがおります。

関連製品