グローバルトラッキング

Containers on a dock - global tracking

世界のサプライチェーンは複雑で変動要素も多く含むため、事業の効率に悪影響を与える可能性があります。例として、貨物の位置情報はサプライチェーンと顧客の双方にとって有益な情報になります。しかし、マニュアル作業故に発生するミスや、膨大な作業量による時間的ロスが発生します。リアルタイムに位置情報を送る既存の方法もありますが、法外なローミング料金にため導入には莫大なコストがかかります。
UnaBizソリューションを活用すれば、配送ルート、需要と供給を最適化し、付加価値のある位置情報を顧客に提供できます。

実際の事例

singapore airlines logo

シンガポール航空 X UnaBiz

シンガポール航空カーゴでは、空港間の貨物輸送のために設計された様々な貨物輸送用コンテナ(AULD)が用意されています。この会社では世界中の空港にある貨物輸送用コンテナ(ULD)を効率の高い方法での追跡できる方法を探していました。

この特殊で難易度の高い世界規模の追跡を可能にするため、UnaBizはコンテナが位置する場所、複数の経路やシナリオそれぞれに対応するソリューションを提案しました。
屋外駐機場などはGPS、倉庫内はWi-Fi、倉庫内の奥まった箇所はBLE、そしてSigfox Atlasを組み合わせて運用するというものです。

トラッカーは頑丈なIP68およびIK10のケースに収納されており、8,400 mAhの大容量バッテリーを備えているため、充電なしで長時間使用できます。

0Gソリューションのメリット

バッテリー寿命が長く、保守に必要な作業はほぼゼロです。

低コストで容易に導入することができ運用も簡素化。ケーブルや複雑な設置は不要になります。

監査要件を満たすログ情報を自動で提供します。

最新情報をリアルタイムで取得します。

予め定義したパラメータに反する場合は警告や通知を送信します。

データはクラウドに保管されるので安全にそして簡単にアクセスすることができます。

英語、中国語、スペイン語、日本語、フランス語を話せるスタッフがおります。

関連製品

サプライチェーンのための複雑な輸送プロセスを見える化
グローバル貨物追跡におけるEnd to End(E2E)のソリューション提供の詳細はこちらをご覧ください。